福井県地方自治研究センター

【第47回ちよっといって講座】 (日中国交回復45周年記念)

2017.10.30

  『漂流するTPPとアジアコンセンサス』

講師  唱新(チャン シン) 福井県立大学経済学部教授
 

 と  き  11月22日(水)午後6時10分~

ところ  福井県国際交流会館2階第3会議室

 

 福井県地方自治研究センターは、第47回「ちよっといって講座」を別記チラシのように開催します。ぜひ多くの皆さんのご参加をお待ちします。
 

尖閣諸島問題や北朝鮮問題など不安定要素を抱えながらも、中国とASEANの経済発展に伴って、東アジアはまるで1つの工場のような世界の一大工業地域となっており、東アジアトライアングルが形成されています。今年1月、トランプ大統領はTPPからの離脱を宣言しました。TPPはアメリカの離脱によって漂流するのではないでしょうか。

今後、恐らくアメリカは徐々にアジアから引き揚げていくと思われます。安倍首相は
TPPが日本にとって非常に大事だと言っていますが、目的は経済というよりも政治にあるのではないでしょうか。これまで、アジアのグローバル化は、基本的にはワシントンコンセンサスを中心としていましたが、これからのアジア化の中で、どういうコンセンサスが必要か、日本はどう対応すべきか考えます。

 

 

 

 


ファイルイメージ

 
pagetop