福井県地方自治研究センター

講演会 「沖縄の基地と県民の暮らし」 9月20日に開催

2017.08.28

戦後72年 沖縄の基地や平和について学ぼう

講師に、琉球大学教授「島袋 純」氏を招く
 

福井県地方自治研究センターは、今年度の地域ブロック別学習会として、このほどNPO法人丹南市民自治研究センターと共同主催で、9月20日(水)に越前市福祉健康センターで「沖縄の基地と県民の暮らし」をテーマとした講演会を企画しました。


戦後72年を過ぎた今、新たに「辺野古」に基地建設が進められていますが、日本国土面積の僅か0.6%に過ぎない沖縄に、在日米軍基地の約70%が集中している実態など、改めて、その現実と県民の暮らしとの関係を学ぶ講演会です。

ぜひ多くの皆さんのご参加を期待しています。入場料は無料で、誰でも参加できます。

 

日時  9月20日 (水曜日)  午後6時30分より--8時まで

会場  越前市福祉健康センター 4階.多目的ホール

講師  島袋 純 氏  (琉球大学教授)

主催  福井県地方自治研究センター   NPO法人丹南市民自治研究センター  

共催  中部地区労働福祉平和センター    自治労丹南連絡会


 
pagetop