福井県地方自治研究センター

目的

福井県地方自治研究センターは、1991年7月に、地方行政や自治体政策、公共サービスのあり方について、自治体職員、市民、研究者などが共に連携・協力して調査研究をすすめ、具体的な活動を実践していくことを目的に設立された団体です。

主な事業内容
1. 自治体行財政の関係資料の収集
福井県内の各自治体の政策や財政資料、その他の行財政に関する資料を収集します。
2. 自治体行財政に関する調査と研究
国と自治体との関連や、自治体業務の実態調査、財政・福祉・医療衛生・生活環境・公営企業など各部門別の行政運営の実態と住民の暮らしなどの調査分析を行うとともに、問題別に調査研究活動をすすめ、その結果を公表・紹介します。
3. 民主的な自治体行財政を推進するための政策研究
自治体や市民活動団体が取り組む、民主的改革、住民自治を創造するための政策や活動に関する政策研究をおこないます。また、その推進に必要な支援協力を行います。
4. 自治意識向上のための啓発・普及活動
自治問題の講座、市民セミナーなどを随時開催し、必要に応じて講師のあっせん、研究集会などを行います。
5. その他目的を達成するために必要と認める事業
調査研究内容を紹介するための機関誌の発行、調査資料集の刊行、発表などを行います。

会費
個人会員は年間2,000円
団体会員は年間一口5,000円
入会申し込みは右記の電話・ファックス・メールまでお申込みください。

福井県地方自治研究センター
〒910-0836 福井県福井市大和田2丁目517
TEL. 0776-57-5800
FAX. 0776-57-0690
Mail. f-jichiken@j-fukui.jp

  • センター活動報告
  • 県内自治体の動き
  • 調査研究資料
  • 機関誌 自治研ふくい
  • 役員一覧
  • リンク集
 
pagetop